作業者

キイロスズメバチの駆除は危険なので早めに専門家に連絡しよう

自分の身を守る

蜂の巣

ハチの被害は毎年報告されています。現在では花の蜜だけではなく甘いジュースの缶にもハチが来るため人も退治にこだわらずポイ捨てや生活環境に気を付けなければいけません。大きなハチの巣を見つけた場合、自分で対処するのではなくプロの業者に依頼する事が安全です。

イタチの害獣被害

蜂と人形

イタチ駆除がもたらす害獣被害は深刻なものになる可能性が高いため、適切な駆除が求められます。家や敷地内にいるイタチを駆除又は追い出したら、再び被害が出ないように侵入させない対策を行います。自力で駆除できるアイテムも販売されていますが、イタチは意外と凶暴なので専門業者に頼んだ方が安全です。

被害を確実に抑える

蟻

アリ駆除を行う前に、アリの生態を理解しておく事が大切です。アリは巣を作って集団で行動するので、専用の殺虫剤を使って巣を全滅させれば良いです。また、予防も行っておく事も重要でして、駆除剤を家の周辺やアリが侵入してくる可能性のある個所に噴射しておきましょう。

ハチが発生しない取り組み

イタチ

キイロスズメバチに刺されてしまうと患部が腫れるだけでなく、痛みがひどくなって重病に至るケースもあります。そうならないためには、ハチが生息しない環境を作るのが効果的です。また、ハチがいたとしてもすぐに駆除できる体制を整えておきましょう。まずは、ハチの巣ができやすい木や物陰をつくらないようにしてください。ハチは特に物陰にハチの巣をつくる傾向にありますので、そのような環境にならないようにしてください。それを意識するだけでも、ハチが発生しないようになります。もしもハチが出てきたときには、すぐに殺虫剤を使用して駆除してください。時間があいてしまうと、ハチが増えていきます。一匹のハチを見つけたら、殺虫剤を使ってください。

数匹のハチであれば自分で駆除してしまうのが効率的です。しかしながら、キイロスズメバチの巣を見つけたときには危険ですから業者に駆除を依頼してください。決して、自分だけで処理しようとはしないでください。ハチが暴れて刺される危険性があります。業者であれば安全にハチの巣を処理してくれます。ハチの巣をすぐに駆除する必要がありますから、最寄りの地域で活動している駆除業者を利用しましょう。どのくらいのハチの巣があるのかを伝えれば、どのような駆除方法を採用すればいいのかを業者は理解してくれます。そのため、まずはハチの巣の状況を丁寧に伝えるようにしてください。ハチの駆除費用についても最初の問い合わせ時に聞いてるとよいでしょう。